妊娠中驚いたこと。お医者様に言われた言葉。

初めての妊娠が20歳だったのでとにかく無知でした。

お医者様に言われたことで一番驚いたのが「体重を増やしすぎないようにしましょう」です。え?なぜ?と思いました。

妊婦は2人分食べなければいけないと思っていましたがお腹の赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になったり血圧が上がる、糖尿になるなど妊娠中毒症になるリスクがある事を聞き妊娠中の体重管理の大切さを知りました。

つわりであまりたべれない事に悩み医者に相談した事もあります。「まだ数週が浅いのでへその緒が繋がってないから赤ちゃんは母体そのものから栄養を蓄えています。だから無理にたべなくてもいいよ。水分はしっかりとってね」と言う返事が返ってきてこれにも驚きました。

女の身体ってよくできているんだなぁと思いました。妊娠後期になるとお医者様に軽い運動をすすめられます。妊婦は大人しくしなければならないという先入観も覆されました。

その他驚いたのが逆子だった場合帝王切開になるという事です。私は妊娠8ヶ月まで逆子でしたので逆子体操というのをすすめられて家でやっていました。そうしたら自然といい位置になり無事普通分娩で出産することができました。

妊娠すると自分の体がガラリと変わります。体型の変化はもちろん精神面も不安定になり、辛いと思うことも多いですが赤ちゃんの為に頑張れる女性は本当にすごいですよね。

 

ベルタマザークリームの口コミサイト

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です